自動車保険 見積もり

サイトマップ

自動車保険の見積もり


自賠責保険は事故が起きれば責任を問われる上に補償される人も限られてくるし保険金額も事故を起こせば、自分が車両所有者で運転手だった場合はケガをしても保障はありませんし、
補償もされないけれど責任はしっかりのしかかってきてしまうと理不尽に思い、任意の保険にご加入しているからといって自賠責のほうは切れていても大丈夫と思ってしまうことはとても知識不足です。

期限切れで事故を起こし手しまった場合はこちらが全て自己負担となってしまい賠償が高額になり自分の人生もすべて棒に振るようなことになりかねません。例えば被害者が死亡してしまった場合は損害額が5000万」だった場合は自賠責から1500万円、任意保険から3500万円が支払われます。自賠責が切れていたら3000万円負担となってしまうということになります。
これは相手の損害金額が高いほどもちろん負担する金額も上がってしまうということです。


車の保険は自賠責と任意保険の両方に加入しておくことで事故にしっかり備えているといえます。

車を所有するにあたって義務づけられている自賠責保険とは異なり自分で判断して加入を決めることができるのが任意保険となります。
上記のように自賠責だけでは補償が足りなくなるケースが多いため、任意保険への加入が必要となってくるのです。

http://自動車保険見積もりキャンペーン.net/


自動車保険とは


自動車保険。

自動車保険に入っていますか?と聞かれたら、すんなりと答えれますか?
ご自身の長い人生の中で、聞かれることもあるでしょう。
自動車保険に入っていて、よかったと思える日も来ることでしょう。
その為にも、運転をする人は必ず確認しといた方が見のためだと思います。

さてさて、一言で自動車保険と言っても、2種類に分けられていることをご存じですか?

「自賠責保険」と「任意保険」です。

聞いたことはあるかとは思いますが、2種類あるからには2種類それぞれに特徴があります。

自賠責保険とは

まずは「自賠責保険」について

別ページにも詳しく書きましたが、特徴を理解しておきましょう。
別名「強制加入保険」とも言われている保険で、行動を走るすべての自動車やバイクに対して加入が義務付けられている保険です。
保険の対象となるのが、人身事故のみサポートします。というのが一番のキーポイントですね。
ようは、他人に怪我をさせてしまった場合しか保険の適用がされないのです・・・
もし交通事故を起こして、「自賠責保険」にしか加入していない場合には、自分の車や公共のガードレールや店舗の看板などには
保険が適用されないということは、自分で何とかするしかないのです。要注意ですね。。。

そうなると、どうなるのかというとすごい金額の賠償金を求められることになります。
そんな大金もっていないよ!って方の為に、事前に加入しておくのが「任意保険」です。

「自動車保険」は「自賠責保険」の違い


「自動車任意保険」は「自賠責保険」ではカバーできない部分を補填する為の保険なのです。
よく「自賠責保険」のことを「強制加入保険」と言っている事に対して、「上乗せ保険」と呼ばれています。
「自賠責保険」でカバーできない部分とは、対物事故保険や車両保険等いくつも存在しております。
もちろん加入する保険の内容によって、保障対象も補償額も変わってきますので、下調べを事前に必ず行ったうえで加入するようにしましょう。

どうでしょうか?
違いが少なからず理解出来たかと思います。

是非この機会に、ご自身が何の保険に加入しているのかを確認してみて下さいね。
もし、「自賠責保険」のみ加入している場合には、今直ぐにでも「任意保険」に加入して下さいね。

もちろん強制ではないのですが、「自賠責保険」だけでは限度額が決まっています・・・
そうなると、人身事故でも補填しきれない可能性がありますので・・・

今後の人生の中でも、絶対事故しないとは言い切れないと思います。
まあ、乗らないというのであれば、話は別ですが・・・

少しでもリスク分散・軽減する意味も込めて、保険料は掛かりますが、出来る範囲での保険は掛けておくと良いですよ。

強制加入保険

別名「強制加入保険」のことなんです。

読んで字のごとくです。
自動車やバイクを購入した場合には、必ず加入する必要がある「最低限の保険」です。

自動車保険には2種類あり、「自賠責保険」と「任意保険」があります。
まず「任意保険」について、説明を行いま。
「任意保険」とは、「自賠責保険」ではカバーすることが出来ない範囲の保障を行ってくれる保険です。
保険会社も軽く検索するだけで10件以上出てきますし、プランも無数にあります。
価格も内容も加入する保険のプランによって変わってくるのが、「任意保険」です。



対して「自賠責保険」は、人身事故のみを保障の対象とした保険です。
限度額も一律で決まっています。
交通事故により相手が死亡した場合:3000万円。
交通事故により相手が怪我した場合:120万円。
交通事故により相手が後遺障害を持ってしまった場合:最大4000万円。
例外として・・・
後遺的な障害が残る場合には、程度によっても変わってはきますが、最低75万円から3000万円が一般的な金額となっています。
もちろん一回の事故で上記の金額が支給される訳ではなく、被害者一人に対しての補償金ですので複数人、被害者が出た場合は
その人数分降りる仕組みとなっています。

気をつけないと行けないのが、ドライバーに過失がない場合であっても、人身事故を起こしてしまった場合、賠償責任が発生する可能性があります。
その事を「無過失責任」と言うのですが、突然人が飛び出してきた場合にもその責任は追及される、ということになる可能性もありますのでお気をつけ下さい。
ただし、どのような場合でも、という訳ではなく、被害者が100%過失の場合には、発生は致しません。

自賠責保険の費用


次に、「自賠責保険」に加入するのに、費用は毎月どれくらい掛かるのか?

普通自動車の場合:一年間で15110円。
軽自動車の場合:一年間で13600円。
自動二輪の場合:一年間で9640円。
原動付自転車:一年間で7280円。
上記のように定められています。



変わるとすれば法改正のタイミングなどにより、変動することもあります。
念のため、加入する際にはご自身でご確認ください。

もちろん期限が来たら、更新する必要があります。
バイクの場合だと、コンビニで更新申し込みをすることが可能みたいです。
期限切れになる前に、更新を行ってください。

保険会社によっては、もうすぐ保険が切れますよ。
といったお知らせが届くみたいですので、そのようなサービスを使用することもひとつです。

自動車保険の特約1


契約に付き物なのが、「特約」です。
もちろん保険業界にも存在していて、自動車保険においても例外ではありません。
今回は、任意保険にどのような特約があるのか例をあげながら紹介していきます。

・自損事故保険の特約とは
自賠責保険に加入している自動車を運転中に、ドライバーが100%悪い事故を起こした時に、
同乗者が死傷を負った場合に、自賠責では保障されない範囲を補填する特約のことです。
ただし、条件が結構あるのでしっかりと確認するようにお願いします。

・無保険車傷害保険の特約とは
交通事故を受けた場合に適用されます。
自動車事故によって何らかの死傷を受けた時に、交通事故の相手方が、保険に入っていなかったばっかりに、
満額保証金を支払ってもらえない場合に、こちらが入っている保険会社から保険金を代わりに受け取ることが可能となる
特約保険のことです。

自動車保険の特約2


・人身傷害補償担保特約とは
どのような自動車事故に遭遇した時であっても、加害者が死傷してしまった場合に、どちらが悪いにも関わらず治療費として
保険金が支給される自動車任意保険のことです。

・弁護士依頼費用特約とは
交通事故に遭遇した時に、さまざまな問題で弁護士を雇った場合の費用を支給される自動車任意保険の特約のことです。
弁護士に依頼するだけでも、かなりの金額がかかりますからね。

・身の回り品担保特約とは
どうしても車両保険では支給されない、補償対象外の社内や身の回りの品の損害が補償される専任の特約のことです。
車上荒らしにあった場合や、交通事故にあったさいに破損してしまった物に対して効果的です。

・代車費用担保特約とは
車両保険等の保険金が支給される時に、台車を借りる費用などが掛かった場合に支給される特約のことです。
いつも面倒を見てくれる車屋がある場合には、すぐに台車を準備してくれるので助かります。

・他車運転危険担保特約とは
自分の所持している車やバイクなどではなく、他人の車等にて交通事故を起こしてしまった場合に支給される特約のことです。
自分の車を、自分以外が使用する可能性がある場合にはとても便利です。

以上になりますが、どうでしょうか?
ご自身の保険も今一度確認してみて、特約に同様の内容が含まれているのか確認することをお勧め致します。
もちろん保険会社によっては、内容も変わってきますので注意して下さい。


利用者にやさしい特約だけではなく、不利になる特約もありますので、要確認です。

自賠責保険の補償範囲

保険の補償範囲って言われたら、すぐにピンときますよね?
自動車保険には2種類の保険がありますので、補償範囲においての違いを説明します。

・「自賠責保険」について・・・
人身事故の場合のみです。
どういうことかというと、交通事故を起こした場合で、かつ相手の身体に何らかの死傷を与えた場合のみが
「自賠責保険」の保証範囲となります。
ですから、もし「自賠責保険」しか加入していないのであれば・・・
想像するだけで恐ろしい事なんです。
もしも、飲食店等に交通事故を起こしてしまい、車ごと突っ込んだとします。
その際に、来店しているお客様に対して、何らかの支障をきたした場合には保険が下りるのですが
その他壊れた物には一銭たりとも保障してもらえません。
なんともおそろしや・・・
対物や車両には何も保証してくれないのです。

「自動車保険の見積もり時に必要な書類など」について

既に任意保険に加盟している場合、今の自動車保険を見直すでしょう。車に乗る時には自賠責保険以外にも、自動車保険を万が一に備えて申し込んだほうが良いでしょう。必要書類など紹介しています。

外為@FXの真骨頂